映画『変態団』

『片腕マシンガール』や『電人ザポーガー』など国内外で数々の映画賞を受賞してきた井口昇監督によるオフィシャルワークショップ。数回にわたって演技を直接指導し、あなたの俳優としての個性を引き出し、実力をアップさせます!アットホームな雰囲気で定評のある井口監督が、観切丁寧に教えていきます!

「演技の基礎」からレッスンし、「自然な演技の仕方とリアクション」、「映画と演劇の芝居の違いと訓練』など、あくまで撮影現場などで力を発揮できる「実践力」を養っていきます。また、「映画やCMのオーディションに受かる方法」など、他のワークショップでは受けられない井口監督ならではのユニークな講義も沢山用意しています。

近年の映画ではアクションの場面が多く登場し、俳優にも求められる事が常となってきました。そこで『電人ザボーガー』や『脱のむきだし』『ウルトラマンサーガ』などでアクション監督を務める俊英・カラサワイサオが、あくまで具体的に、実践的アクション演技を伝授します!

卒業作品として井口監督の脚本・演出によるオリジナルショートムービーを製作します。事前に「挑戦したい役柄」を訊き、「当て書き」します。受講生は全員出演、「見せ場」も、ちゃんと作ります!完成した作品は国内外の映画祭などでも上映の可能性あり!セミナー終了後、出演作品のDVDをお渡しいたします!

成果に応じて井口昇アクターズクラプ「ブラッシュUP!」へ登録されます!卒業後も井口作品の他、映画出演するチャンスが与えられる以外に、映画関係者と知り合い、人脈も作れます!

井口 昇(映画監督)

1969年東京出身。2007年「TOKYO SHOCK」シリーズ第一弾『片腕マシンガール』が海外および国内でカルト的な人気を博し、数々の国際映画祭に出品。30力国以上で公開されその名を世界中に轟かせた。ポップな世界観にシリアスな心理描写を織り込む事には定評があり、特に女性を主人公とした物語ではその繊細な演出が光っている。2008年公開の『ロホゲイシャ』では間違った日本感とポップなゲイシャのコメディーが評価され海外はもちろん、短期公開ながら国内でも大きな反響を呼んでいる。一方で劇団『大人計画』に所属、松尾スズキ、竹中直人、庵野秀明作品に個性派俳優として舞台や映画・TVに出演している。中川翔子の漫画原作、「週刊真木よう子」の脚本、エイベックス制作「音女」、前田敦子主演「栞と紙魚子の怪奇事件簿」、加藤清史郎主演「新耳袋・ぎい」などのテレビドラマ演出。「ケータイ刑事」「古代少女ドグちゃん」などのチーフ監督を努め、アイドルものを得意としている。中川翔子の漫画原作、「ザ50回転ズ」の音楽ショートムービー演出など多彩に活躍。近年は大ヒット映画『電人ザホーガー』(2011年)を筆頭に『富江アンリミテッド』(2012年)『新耳袋 異形』(2012年)『ゾンビアス』(2012年)『デッド寿司』(2012年)『ヌイグルマーZ』(2014年)を制作。次回監督作『ライヴ』が、2014年5月10日公開予定。

主な作品歴

映画

・楳図かずお恐怖劇場まだらの少女(2005年)
・猫目小僧(2005年)
・卍(まんじ)(2006年)監督・脚本
・片腕マシンガール(2007年)監督・脚本
・ロボゲイシャ(2009年)監督・脚本
・戦闘少女(2010年)監督・脚本
・電人ザボーガー(2011年)監督・脚本
・富江アンリミテッド(2011年)監督
・ゾンビアス(2011年)監督・脚本
・はらぺこヤマガミくん(2012年)監督
・ABC’S OF THE DEATH(2012年)監督・脚本
・怪談新耳袋 異形(2011年)監督
・デッド寿司(2013年)監督・脚本
・ヌイグルマーZ(2014年)監督・脚本
・ライヴ(2014年)監督・脚本

TVドラマ

・怪談新耳袋シリーズ(2004〜2006、2008 BS-TBS)
・ケータイ刑事シリーズ(2004〜2009 BS-TBS)
・栞と紙魚子の怪奇事件簿(2008年1月〜3月 日本テレビ)
・週刊真木よう子 第3話「おんな任侠筋子肌」(2008テレビ東京)脚本
・古代少女ドグちゃん(2009年 MBS)チーフ監督
・古代少女隊ドグーンV(2010年 MBS)チーフ監督
・ウルトラソーン(ウルトラゾーンチェンネル)(2011年 TVK)チーフ監督
・ウルトラ怪獣御殿(2012年 レオネット)チーフ監督
・でんぱコネクション(2012年 TVK)監督・脚本
・でんぱコネクション フレンチ(2015年 TVK)監督・脚本
・監獄学園(2015年 MBS)監督・脚本